不動産買取活用メソッド|賢く上手に物件購入

不動産

名古屋での不動産買取

売買相場のの7割程度

エクステリア

不動産買取は、保有している不動産を一定の期限までにどうしても売却せねばならない人が主要な利用者となるサービスです。不動産買取業者にとっては、その物件を再度売却するなり、賃貸等で利用するなりの手間がある分、市場の相場よりも低い価格で買い取る必要があります。 名古屋の場合、たとえ築1年未満の物件であったとしても、人が1度でも住んだ物件は中古物件として新築時の購入価格の2割引きは当たり前という相場があります。そのような名古屋においては不動産買取の相場は、その物件と同等の条件の物件が市場で売買される価格相場の70%程度が目安となっています。 名古屋の場合、特に高級マンションは売却が難しい地域です。そもそも新築へのニーズが高い事に加え、マンションよりも一戸建てという考え方が主流であるため、中古であっても高額のマンションを購入するのであれば、新築の一戸建てを建てた方が良い、という傾向が強いのです。

築浅物件は賃貸活用が有効

このように名古屋での不動産買取は築浅物件であっても新築時の購入金額の半額程度になることが想定されます。ですから、ある程度築年数がたった物件であればともかく、築浅物件で、例えば住宅ローンの残額も多い場合などはすぐに不動産買取を利用するのではなく、一旦物件を賃貸用に活用するという手がります。通常の賃貸であれば、借り手は更新料を払い続ける限り、原則的にずっと住み続けることができます。しかし、定期借家契約という、賃貸で借りられる期間の限度をあらかじめ設定する形です。一般的に、2年を超えて借りられた部屋は内装が傷むと言われます。ですので、2年間の定期借家契約という形で賃貸を利用し、その間も物件そのものは売りに出すなり、2年後に改めて売りに出し、それでも希望額で買い手が見つからない際に、再度定期借家契約で賃貸用に活用するのか不動産買取を利用するかを判断することで残債処理の目途を立てるという方法が活用されるケースが増えてきています。